求人・採用事業



採用活動は奥深いものです。
人と人との出会いで、会社は発展します。

貴社には、欲しい人材像があり、
求人応募者にも、望む職場環境があります。

お互いの希望がマッチした時、
そこには感動と、
貴社が発展するエネルギーが生まれます。

求人広告で失敗する一番の原因は何か?

〜求人募集・採用に必要な専門のノウハウと経験が必要です〜

中小企業様は人材を募集する際に、どのように求人広告を選んでいるのでしょうか?

起業前も含めて20年間、採用のプロとして数多くの中小企業様の採用をみてきましたが、「求人広告を出しても応募が全然来ない」とか、「こちらが思うような人材が集まらない」とか、
「費用対効果が出ない」等でお悩みの企業様は多くの場合、適切な広告選びができていない、これが一番の原因です

求人広告のノウハウが少なく、マーケティングもせずに、「今度はここに出してみよう」と求人広告を出しますが、応募がくるかどうかは神頼みです。 これでは求人広告費用ばかりがかかり、なかなか採用が思うように行きません。

それでは「成功する求人広告選び」とは何か?

〜募集媒体、業種、役職、エリア等により求人広告ごとに強みが異なります〜

例えば、運送や倉庫などの物流会社が人材を募集する時に、どの求人広告に出すのが一番効果的でしょうか? 弊社なら、すぐにお答えできます。

作業するアルバイトを雇いたいのか、管理者を正社員で雇いたいのか、役職や待遇によっても異なりますし、 ネットが良いのか、あるいはフリーペーパーが良いのか、こうした判断にはノウハウと経験が欠かせません。 また近隣の同業他社の給与や待遇の相場がわからなければ、やはり人材は集まりません。

このように、「成功する求人広告選び」では、求人広告ごとの強みを熟知し、 貴社の求める人材が集まりやすくなる状況を作り出すことが、成功の条件となります。

成功する求人広告、採用課創設、待遇の制度化など

〜採用に関するお悩みなら、どんなことでもお力になれます〜

弊社では、スポットで求人広告を掲載したい場合でも、貴社内の人材を育成して採用課を創設する場合でも、お力になれます。 また待遇の制度づくりも好評を頂いております。

待遇は、実はとても重要です。例えば業種により、以下のような応募者が重視するポイントがあります。
 ・まかないは付くのか付かないのか
 ・車出勤は可能か
 ・独立支援制度はあるのか
 ・週払いは可能か
 ・家族割引制度があるかどうか

広告を出しても思うように人材が集まらなくてお悩みの企業様は、ぜひお気軽にご相談下さい。
お打合せ時に、近隣の同業他社の採用相場(給与や待遇など)5事例を無料で提供、ご説明させて頂きます。 まずは採用前のマーケティングの方法から学んでみませんか?

中国語映像翻訳_字幕・吹替えのお電話でのご依頼は 中国語映像翻訳_字幕・吹替えのメールでのご依頼は

人材採用20年の実績!

弊社が手掛けた、実際の採用事例をご紹介します

【採用事例①】 約30店舗展開の某居酒屋チェーン 新卒採用物語

●初の新卒採用! 半年間で目標の5名採用に成功!

ナンバー2の本部長と意気投合し、「これからの未来ある若者を採用していこう!」ということで 同社初の新卒採用に踏み切る。

新卒求人媒体の掲載、及び会社説明会用の会社案内パンフレット、進行用資料作成サポート、 面接トレーニング等を実施。

面接などにかかわる各店の店長に集まってもらってのミーティングも実施。

正社員については今までずっとアルバイトからの登用が中心で賄ってきたので、 約30人いる店長はほとんど現場からのたたき上げ。

「社員、ましてや新卒の面接なんかやったことありません」という声が圧倒的でした。

「ありきたりの面接をする必要はありません。貴社の仕事内容をそのまま語ってもらってよいですよ」

とにかくメニューが豊富で味もとてもおいしいことがウリの会社でしたが、 個人的に元気の良い接客とスタッフの仲の良さが強みと思っていました。

そこから半年。。。

とにかく小刻みな説明会を開催し続けて、1回1回の動員は苦戦していたものの、内定をそれなりに出して 最終的に5人の採用に成功致しました。(目標は5人)

採用が難しいと言われる飲食業界の中で「中小企業」「おしゃれな業態ではない」「決して条件がよいとは言えない求人内容」では独自性をアピールするしかありません。

同社ではとにかく粘り強く説明会を続けた事、現場の店長が交代で説明会・面接に参加し、 会社一体となって採用活動を行ったことが功を奏したのだと思います。

【採用事例②】 某軽貨物ドライバー 採用物語

●募集条件は他社と同じ、募集予算もない!でも6名採用の大成功!

社長は60代、ドライバー一筋40年の大ベテラン。
「息子に何か形あるものを残したい」と思い、個人事業主から会社を設立。
お会いした時はドライバー1名、社長もドライバーをやっていて計2名の会社でした。

仕事は得意先からいくらでも依頼がくるので、とにかく人が必要ということです。

募集条件も格段他社との違いを見せられる内容ではない。
当然募集予算もあまり取れない状況。
あるのは情熱と社長のなんともいえない魅力のお人柄でした。

ご提案は求人広告でのお人柄全面アピール作戦。
これ以上は企業秘密ですが、他社との違いを原稿に落とし込みました。

結果6名の採用と予想を遥かに上回る数字になりました。

秘訣としては、とにかく社長が熱心に電話での打ち合わせに付き合ってくれたこと。
こちらに尽きます。

中国語映像翻訳_字幕・吹替えのお電話でのご依頼は 中国語映像翻訳_字幕・吹替えのメールでのご依頼は